令和2年8月1日より新システムが開始します。


毎週木曜日の午前診療が再開します。木曜日午前中の診療は院長と女性医師、もしくは女性医師のみの診療となります。女性医師は一般診療のほか、難聴、小児難聴、補聴器を得意分野としておりますので是非ご相談ください。

土曜日は9:00~13:00までの診療となります。


院内での滞在時間短縮と感染予防を目的としたWeb予約、Web問診、オンライン診療、キャッシュレス決済に関してはすでにスタートしておりますのでご利用ください。


当院では引き続きコロナ対策を行っております。

  • gondo-jibika

最終更新: 6月25日

緊急事態宣言が明け、皆様の献身的な努力によりコロナウイルス感染症の第1波を何とか乗り越えることができました。しかし、かぜやインフルエンザなどのウイルス感染症は1年を通して認められますので、今後も決して油断してはならないと思います。


当院では引き続きコロナウイルスを含む感染症に対して十分な対策をしつつ、通常の検査や治療が必要な患者様が安心して受診して頂けますように今後も努力して参ります。


当院の対策として以下を行います。

1.職員のマスク、手洗い、検温などの基本的な対策。

2.引き続き受付での検温、問診、手指の消毒。

3.院内の消毒、換気、ソーシャルディスタンスの確保。

4.Web受付の再開、時間枠指定での院内混雑の緩和。

Web予約はこちらへhttps://gondo.mdja.jp 7月1日からご利用いただけます。


5.Webでの来院前問診を導入し院内滞在時間を軽減。

6.第2波、第3波の備えたオンライン診療(現在は臨時的に可)

オンライン診療はこちらへhttps://remodoc.net/patient/userguide/


7.キャッシュレス決算の導入による人と人との接触の減少。

※Web受付、Webでの問診、オンライン診療は準備が整い次第、URL等お知らせします。6月中旬予定です。



『患者様へのお願いとお知らせ』

・引き続きマスク着用の上での来院をお願いします。

・2歳以下のお子様は、処置の間だけのマスク着用で結構です。

・発熱・咳・倦怠感・息苦しさ・軽い風邪症状が続く場合は、直接医療機関を受診せずに電話での問い合わせかもしくは帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

・ネブライザーに関しては十分に感染対策を行なった上で6月より希望者に再開します。


ごんどう耳鼻咽喉科 院長



最終更新: 6月1日





現在、佐賀県でも新型コロナウイルス感染拡大は拡大しつつあります。しかし、この状況下でも、クリニック受診が必要な患者様が沢山いらっしゃいます。そのような患者様が安心して受診できるよう、感染拡大防止に努めております。


①入り口での検温、問診、手指消毒

クリニック外に受付を特設し、問診させて頂いております。また、患者様、付添いの方にも、非接触型の検温、手指消毒をさせて頂いております。


②待合室の人数制限

待合室で患者様が一定の距離を保てるよう、間隔を開けて座っていただきます。車でお越しの方は連絡先を確認した後、お車で待機して頂きます。


③消毒・換気の徹底

待合室、中待合室、診察室、トイレなど、患者様の触れるところは消毒を徹底して行います。また、基本的に全ての窓を開け換気しています。気温によっては寒いこと、暑いことがありますが、ご了承ください。


④感染拡大防止

発熱患者様は院外もしくは車での診察をさせて頂いております。風邪症状がある場合は感染対策を徹底した別室で診察させて頂いております。

診察医師はマスクとガウン、手袋、メガネ(フェイスガード)着用にて診療を行います。見た目が怖く、子供さんを怖がらせるかもしれません。申し訳ありません。


⑤治療、検査の一部制限

日本医師会および日本耳鼻咽喉科学会は、エアロゾル発生を引き起こす医療診療を可能な限り避けるよう勧告しております。当院でも当初より鼻の吸引、ネブライザーなどの不急の行為は中止させて頂いております。


⑥電話等を用いた診療や処方箋発行

厚労省は『電話などで診療を行い、処方箋を発行すること』を許可しております。複数回以上当院を受診しており、これまでに処方されていた治療薬を希望の方は当院(0952-55-7001)までご相談ください。


皆様が早く平常な生活を取り戻せるよう、当院でも感染拡大防止の取り組みを徹底していきたいと思っています。